車の売却時に必要となる書類

 

長崎のジロウです。

無事長崎市内の中古車買取店で車を売ることができました。よかったです。
車を売るとき色々と大変なこともあったので、ここでで皆さんに共有したいと思います。なにより用意する書類が多いです。

中には、長崎市役所などで再発行をしなければいけないものもあったりするので、事前にチェックしておくことをオススメしますよ。
それと、長崎で車の買取をお願いしたい人はこのサイトを参考にすると良いですよ。

■実印
多くの書類で印を押す必要が出てくるので必ず持っておく必要があります。実印は市区町村への登録をしなければいけません。

■印鑑証明書
市区町村に登録した実印を証明する書類のことです。売却するときに押印した印鑑を証明するために必要になります。証明書は、3ヶ月以内に発行された物でなければいけません。

■車検証
当然ですが、車検証が必要です。ただ、車に常備携帯が義務づけられているので、車のダッシュボードに入れてあると思います。
もし紛失している場合は、すぐに運輸支局で再発行手続きをしてください。

■自動車税納税証明書
納税したときに受領印を押した納税証明書は、車検を受けるときに必要ですので、必ず用意しましょう。納税証明書を紛失した場合は、税事務所で再発行してもらう必要があります。軽自動車の場合は、市区町村の役所でも再発行が可能です。自動車税は、5月末までに納税する決まりです。

■自賠責保険証
自賠責の期限が切れていたり保険証が無いと、車を売ることはできません。紛失していれば、保険会社に連絡をして、再発行してもらいましょう。自賠責保険は、強制保険です。

■住民票
これは車検証の住所と、印鑑証明書の住所が異なる場合に必要です。車を売るときはたくさんの書類が必要なので、引っ越したときはなるべく車検証の住所変更もするようにしておきましょう。

■委任状
車の名義変更を、買取店に依頼する場合は必要になります。委任状の用紙は買取店で用意しているので、実印を持って買取店で署名・捺印することも可能です。

■リサイクル券
車を購入した時に発行される書類です。基本的に売却するときまで必要ない書類なので、存在を忘れてる人も多いかもしれません。
基本的にいじってなければ、車検証と一緒にファイルに入ってるケースが多いですが、見つからない場合は、「自動車リサイクルシステム」のウェブサイトから、「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントして、代用することも可能です。

■譲渡証明書
車の譲渡に必要となる書類です。用紙は買取店で用意しているので、実印を持って買取店で署名・捺印することも可能です。

 

以上が車を売却するときに必要になるものです。たくさんありますので、スムーズに売却するためにも予めしっかり用意しておきましょう。